会社概要 お問い合わせ
HOME アスベスト(石綿)除去 FORカポスタックス 土壌汚染対策材 土壌改良剤 ダイオキシン類除去



建築残土、建設泥土、汚泥及び河川・湖沼の泥土を利用する為の無害な固化材の提供をコンセプトに開発しました。
国はリサイクルプランのなかで、建設残土や建設泥土の削減やリサイクルをするよう法的な規制が完全実施され、
社会的世相からもその推進が要求されています。
当社は、多くの企業から日々発生する産業副産物の中で、無害な無機系リサイクル材(フライアッシュ・スラグ等)
の有効活用を目指し、土壌固化材「S-SOIL-N」を開発しました。建築現場から発生する残土や泥土と攪拌する事に
より良質な土への改良を確立し、廃棄物にする事無く再利用できると共に、従来のセメント系や石炭系の固化材以上
の品質性能を確保でき、施工性・経済性そして環境負荷低減で、社会的要求も充分満足できる土壌改良材と
その施工方法を可能にしました。





リサイクルは時代の要請であり、建設における汚泥、泥土や残土の有効活用は循環型社会の中で重要な問題であり、
ASA工法技術は適切なリサイクル手法でゼロエミッションとして環境負荷低減に寄与し付加価値を生み出します。
現場発生土と混合する事により、固化材成分中の六価クロムや有害物質の含有がなく環境負荷のない改良法として
有効活用できます。



1.無害 固化材は無害な材料を使用しているため、環境面で安全に施工できる。
2.リサイクル 産廃でなく残土処理できるため、土の現場処理と再利用による施工法と経済性の両方のメリットが大きい。
3.材料費が安価 従来の科学的凝固剤に比べて低コストであり、セメントに比べ添加量も少ない。
4.設備費が安い 特殊な混合設備やプラントが不要でバックホウ等の汎用重機で作業が可能
5.pHの早期中性域化が可能 対象土と混合した場合、早期にpHが中性域に下がり、リサイクル用途の範囲を広げ改良土の価値を高めます。
6.高生産性 1日当たりの処理量は、現場で対応出来る。
7.再堀削が可能 セメント系の固化材でないため容易に再堀削ができ、改良施工ごも再リサイクルが可能。
8.植生が可能 固化後土壌として緑化の再生が可能。
9.防草効果 雑草の発芽抑制や土舗装に利用可能。
10.即効性が高い 必要強度に対して発現時間が早く、早期に改良土として有効に処理できる。


1.事前調査 ラボ試験 室内試験
2.現地調査 添加量の決定
3.対象土量の確認 固化投入 重機及び改良機にて攪拌
4.固化 改良強度の確認 養生
5.リサイクル先及び埋め戻し先に運搬


1.池・河川・砂防ダム等の有機性堆積土・浚渫土の無害な良質土への改良
2.軟弱地盤の無害な改良
3.土の状況(泥土の構成物質、粒子径、腐敗土、繁殖微生物、pHなど)
4.路体・路床の改良(軟弱現場での重機等の工事用仮設道路確保)
5.軟弱土改良での田畑への無害な復旧



池の堆積土改良工-管理道路利用 下水管敷設シールド工-改良土搬出路床利用
池の堆積土改良工-法面改修利用 池の堆積土改良工-改良土搬出造成利用


 
化学成分
SiO2
Al2O3
SO3
CaO
MgO,Fe2O3
形状 粉体(含有比5%以下)
原料 無機系産業副産物(エコマーク商品、リサイクル資材)など
重金属類の含有 環境基準値以下または不検出
嵩比重 0.7〜0.9(t/m3
荷姿 フレコンバック(1t、(0.8t、0.6t))バラ、小袋(10kg,20kg)
公的認定 エコマーク商品認定、愛知県リサイクル資材認定


未処理士 土質 含水比(%) 湿潤密度(g/cm
シルト混じり粘性土 57.8 1.628

固化材添加料
(kg/m
添加率
(%)
コーン指数qo
(KN/m
S-SOIL N 40 2.5 353
80 4.9 781
120 7.4 1368
石灰系固化 40 2.5 294
80 4.9 620
120 7.4 1245
セメント系固化材(六価対応) 40 2.5 211
80 4.9 464
120 7.4 910


お問い合わせはメールにて承っております。お気軽にご連絡下さい。




■ページ上部へ戻る■