会社概要 お問い合わせ
HOME アスベスト(石綿)除去 FORカポスタックス 土壌汚染対策材 土壌改良剤 ダイオキシン類除去

アスア工法 for ダイオキシン
除去後の汚染廃棄物を無害化・安定化・不溶化し処理します。
1
ダイオキシン類の取り組み  |  有害物質種類 | 作業手順  |  ダイオキシン類のフローチャート  |
1
  アスアのダイオキシン類の取り組み
  近年「ダイオキシン類」が社会問題化し、法規制の強化が図られています。それに伴い廃棄物焼却施設の休止や廃止が勧められています。廃棄物焼却施設には、ダイオキシン類や重金属等の有害物質が存在する可能性があります。それらの施設を安全に解体するために、「作業員への暴露防止」、「周辺環境の汚染防止」、「廃棄物の適正な処理・処分」を徹底し作業致します。
廃棄物焼却施設に存在する有害物質
ダイオキシン類
危険1
・ダイオキシン類とは、ポリ塩化ジベンゾーパ ラージオキシン(PCDD)、ポリ塩化ジベンゾ フラン(PCDF)、コプラナーPCBを合わせた 総称です。
・水に溶けにくいが、脂肪分に溶けやすく、体 内に蓄積されやすい。
・非常に毒性が強く、青酸カリの約1000倍の 毒性があると言われています。
・発がん性、環境ホルモンによる内分泌以上 等も報告されています。
     
重 金 属 等
危険2
・重金属とはカドミウム、鉛、水銀、六価クロム 、砒素等をいいます。
・重金属等が体内に蓄積され続けると、公害 病などの健康障害を引き起こす可能性があ ります。
     
そ の 他
危険3 アスベスト・PCBなどの有害物質が存在する可能性があります。

 

■作業手順
事前調査
施工計画の立案
除染工事
設備解体工事
建物解体工事
汚染廃棄物の処理
事後調査
.汚染状況調査
・作業環境調査

 

 

 

 

・管理区域、保護具のレベル決定
・除染や解体の方法、手順、後期等の決定
・廃棄物の処理、処分方法の決定

 

・作業場内の負圧化・湿潤化

・高圧水洗浄などによる除染

 

 

 

・溶断作業は極力実施しない
・重機によるせん断方式での解体

 

 

 

・非汚染廃棄物の分別リサイクル

 

 

 

 

・ダイオキシン類や重金属等の無害化・安定化・不溶化の処理

 

 

 

・周辺環境への影響調査の実施
・汚染物取扱作業員の事後採決の実施

 

 



       
■ダイオキシン類のフローチャート

 

現 地 調 査
サンプリング調査計画 
作業前・サンプリング調査
施工区画の工法検討
汚染物の除去方法の決定
サンプリング分析の評価
安全衛生管理体制の確立
工事計画書の作成
特別教育の実施
 

作業区域の事前清掃
セキュリティーゾーン設置
作業区域隔離養生
機器の設置
塵飛散防粉止
付着物・残留物の撤去
耐火物撤去・袋詰め
除染作業
粉塵飛散防止薬液処理

機器類解体作業
養生・仮設物
廃棄物の搬出・分別作業
工事写真・施工報告書の作成